« 向こう側 | トップページ | ジレンマ »

2008年3月11日 (火)

春の憂鬱

この時期、必ず胃のあたりがしくしくとなる。
原因はなんだろう。

確定申告であろうと思っていた。
今年は住宅資金借入特別控除計算書
を提出しなければならず
よく分かっておらず、
申告会場で突き返されるのではないかという
不安が憂鬱の原因ではないかと思っていた。

しかし、無事それも終り、
提出した時の爽快感を感じたのもつかの間
憂鬱は依然、僕のおなかに残ったままだった。

スギ花粉だろうか。
去年の3倍!という触れ込みのせいか。
ジルテックは2月から仕込んでおいた。
天下の宝刀フルナーゼのおかげで
今年はまだクシャミ鼻水の発作は起っていない。
仕事にもまだ影響はない。
日曜の百個飛散攻撃にも目鼻は崩れてない。
大丈夫だ、今年は乗り切れる。

なんだろう。
他にも何か原因があるのだろうか。
凍えた季節を越えて
暖かい日差しを受けながら
何故こんな気持ちでいなければならないのか。
憂鬱さん
君の話を聞こう。

|

« 向こう側 | トップページ | ジレンマ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の憂鬱:

« 向こう側 | トップページ | ジレンマ »