« つくし | トップページ | 舌と声 »

2008年3月30日 (日)

俳優力

チカラのある俳優だ等と言う時の
俳優の力とはどういうことなのか。

スギ花粉も終息して
その対策を考えるのも済んだ分

力量だとか技術だとかの 仕事 に関わることを
牟田浩二の分かる、狭い範囲で考えてみたい。

俳優のチカラと思われるもの
どれが重要かは置いといて
その構成要素をあげてみる。

声と舌の力 エネルギー 洞察的想像力
焦点への集中力 記憶力 運動能力
リラックス度と解放感 自分への理解と信頼
接する人々への敬意  人格

俳優はその人格以上の役を創造することは出来ない by 滝沢修

まぁ1から9までを統合したものも人格となると考えていいだろう。

9までのひとつひとつを少しづつでもレベルアップさせることが
俳優修業の作業であると考える。
としてみると どれも訓練して成長させることが出来るもの。
つまりはこの俳優の力はこの程度だな、なんて皆言うけど
それは流動的で毎回違って毎日変わるってことだ。

俳優は身体ひとつ持って仕事場に行く。
けれどもその仕事の結果である作品は沢山のものの集合体だ。

俳優は呼ばれなければ仕事することが出来ない。
人生の大部分を待って過ごしている。
待っている時にすることはレベルアップ以外には無い。

|

« つくし | トップページ | 舌と声 »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳優力:

« つくし | トップページ | 舌と声 »