« おとな | トップページ | 台本を書こう »

2009年3月18日 (水)

読書

Myudokusho

本を読み
書かれていることと
自分のことを
重ねてみる。

本の内容は
自分の内に展開される。

「ハーバードのガードナー教授によれば
才能には8っの異なる面がある。

(1)言語
(2)音楽
(3)論理・数学
(4)空間
(5)身体・運動感覚
(6)内面
(7)対人関係
(8)自然

ほとんどの人がそのうちの1つか2つでは
天才である。」

空間的知性において天才であったアインシュタインが
論理的数学的知性を重視する学校教育では
全く評価されなかった話が続く。

そんな記述を読んで、へぇ〜、自分は…
と考え出す。

でも俳優って8つ全部必要じゃん。

日経エンタで、岸谷さんが
テレビドラマで俳優に必要なのは
「どんなに不自然な台詞でも自然に見せるテクニック」
って喋ってた。なるほど、さすが!

自然ってこれだろ、みたいな。
自然的知性が重要ってことかな。
猫は何しても自然だけどニャ!


|

« おとな | トップページ | 台本を書こう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

奥が深い話ですね。
確かに俳優さんは、すべて必要になってくるでしょうね。
ありえないと思われるシーンでもすごく自然に演じてらっしゃいますし。
私も考えてみましたが・・・
何一つ当てはまらないような気がします。(笑)
ただ、喜怒哀楽がはっきりしている!それだけです。
大人として恥ずかしい限りです。

投稿: やぁちゃん | 2009年3月19日 (木) 20時04分

やぁちゃん!
ありがとうございます
第一印象ですが、
やぁちゃんは対人関係の天才です。
自分のガラじゃないわって
打ち消してるかも知れませんが
要は大事にしてるもの。
人がいい関係が大事ですよね
その洞察、気配り気遣いこそが
あなただと 思いますニャン

投稿: ミュウ | 2009年3月20日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« おとな | トップページ | 台本を書こう »