« セドナ演技 | トップページ | 現場でセドメド »

2010年6月28日 (月)

セドメドで受かる?

人生を変えるといわれるセドナメソッド。
僕はセドメドによって俳優としての人生を変えようと思っている。
その3。

例えば、オーディション。
僕らはひとつの役に10人程集められ、演技テスト等を受ける。
その結果、ひとりが仕事を得るという我らがオーディションシステム。

よく、僕らは必要の無いものをそこに持ち込んでしまう。
自分は受かるのか落ちるのかという期待と不安である。
受かればそれこそ人生が変わるかも知れない。
落ちればもしかして俳優を辞めることになるかも知れない。

待合室で僕らは「いやぁ~これはまた君にもっていかれるなぁ~」
とか「いやぁ~この役は絶対アナタですよぉ~」と
そんな気持ちを茶化しあう。
皆何十本、何百本のオーディションを受けて来ているから
これが受かろうが落ちろうが構わないという気持ち表明なのかも知れない。
それによって緊張することを何よりも避けようとしてるんでしょ。

さて僕はどうオーディションに望んでいるのか。
もしセドメドを使うことによって前より受かるようになってたら!?

このオーディション絶対取ってやる!!
と全力を尽くした結果、不合格!?
となると、やはりショックは大きい。
しかし問題はショックを避けようとすることだ。
自分がこの仕事をやっている姿をイメージして要求されるものに全力を尽くす。
実は僕らはこれしかやりようがないのである。

そこでセドメドを使うことになる。
ショックを受けるかも知れないという恐れを手放し
こんなことを言えばすれば受かるかもという承認欲求を手放す。
もう落ち続けるのは嫌だという誇りや制御欲求を手放し
大きな仕事しなきゃそろそろヤバいという渇望や安全欲求を手放す。
ほかにも、顔のほてりを手放し、優越感を手放し、
とにかくともかく自意識がやることなすことにとらわれないようにするわけだ。
より高く飛べば落ちた時のリアクションは重い。
けれどもそのリアクションがやって来ても何の影響も受けないと分かっていれば
安心してより高く飛ぶことが出来る。
クリアになった瞬間にインスピレーションも訪れる。

いらないものを消していくことが自分を磨くということだろうし
竹内まりやも「綺麗に心磨けば、ほ〜ら、運命は笑いかける」と歌っている。


受からないわけがないはずなのだが…

|

« セドナ演技 | トップページ | 現場でセドメド »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

セドナメソッド俳優…それはまた、素晴らしい目標を発見しましたね!
感情と思考と行動を統合するのが仕事の役者さんにとっては、避けては通れない道だと思います。ぜひ、その道の第一人者になって下さい!!!

私は最近、打ち合わせの前にセドメドを使っています。
怖れと渇望、その裏にある「承認」の欲求が非常に強いので、
事前に解放していくようにしているのです。
すると、打ち合わせの最中に度々感じていたブレッシャーがなくなり、
他の人たちの意見を冷静に訊く事が出来て、
なおかつこの時、私は「場」を制御したいという欲求も
手放しているので、何か問題が提示されても、その場で解決案が浮かぶようになってきました。
解決案が浮かぶと言っても、追い込まれ考えた末ではありません。
瞬間的にわかるというか、ぽっと口をついて出るのです。
多分、抵抗を引き起こす感情を事前に手放しているので、
その時の私は、中立のフィルター状態になっているのでしょうね。
物事の本質が見える…というと大げさかもしれませんが、
なんだかそんな感じなのです。

そんな経験をしてから、「問題」そのものは一番いい答えを
導き出すための1ステップであって、けして障害物ではないのだ
という事にも気付きました。
この事からも、「問題」を苦しみや悩みにしてしまうのは、
自分の恐れや怒りや渇望(つまりは承認欲求)という感情が
まとわりついているせいなのだなと、わかりました。

今日もまた打ち合わせです。
ほんとに十人いれば十色の考え方があって、
みんなが自由に創造しているその瞬間が、好きになってきました。
ではでは、私も楽しんできます〜!

投稿: 弁天 | 2010年6月29日 (火) 12時32分

こんばんは。色々と悩みはあるでしょう
けど焦りは禁物です。マイペースでリラックスなお気
持ちでオーディション受けられたり、舞台稽古と本番
TVOA収録を今後も
だんだん暑くなって来てまいりますから、夏ばてには
充分お気をつけられて頑張られて下さいね!!
では また

投稿: 宮本久里子 | 2010年7月 1日 (木) 01時54分

それと先月27日「エチカの鏡」の牟田さんを
観ましたよ!! 出番がヘイデルさん、酒井さんの次で
したね。「金スマ」は、たぶん今月でしょうね?!

投稿: 宮本九里子 | 2010年7月 2日 (金) 12時21分

弁天さまのコメントにひれ伏すばかり _/\○_
頑張ります!ありがとうございます

演技求真という言葉がありまして
養成所でお前は芝居が浅いとか軽いとかダメを出されたものでした。
本質的なものに触れること
焦らずマイページでやっていきます。
宮本さまありがとうございます
まだまだ僕もこれからです。
どうぞ宜しく

投稿: ミュウ | 2010年7月 2日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セドメドで受かる?:

« セドナ演技 | トップページ | 現場でセドメド »