« 役立つ | トップページ | セドナ演技 »

2010年6月12日 (土)

セドナメソッド俳優

「人生を変える一番シンプルな方法」
というセドナメソッドの本が
人生というか僕の仕事のやり方を変えている。

セドナメソッドは物理学者が考えた方法らしく
目に見えず、とらえどころなく、制御出来ず
どうかすれば襲われるがままとなる
自分の感情や欲求をフィジカルに
手に握っているペンのようなものだと捉えることから始まる。

字を書くために無意識で握っているペンを
手の上で転がしたり、下に落としたり出来るように
感じている気持ちもそんな風に扱えるのではないか。

胸に迫り、襲いかかって来るかに思える感情も
実は自分で握り締めていたのではないかと気付かせてくれる。

そしてそれはすべて手放すことが出来るのだとその方法を教えてくれる。

なんだ、そうだったのか。
あんな気持ちもこんな思いもそしてあのこともこのことも
もう僕を苦しめることは無いんだ
ということに気づいた時の開放感。
閉じていた心のドアが開き、溢れてくるエネルギー。

おそらくそれが人生を変えるのであろう。

セドナメソッドとは自分を制限するものからの解放の仕方である。

驚くべきはその呪文の効力が
どんな大きな怪物、或いは小さな無気力にも
すばやく有効だということ。


さて、テンパり役者が一瞬で重厚な演技をしだしたりしたら
一体そこに何があったのかと思うだろう。
これまで芝居や演技をいろいろな所、いろいろな人に教わってきたが
「セドナメソッド演技」を教えてくれた人はいない。
なさそうな、でも十分ありえる演技メソッドであると思う。

それを僕はやってみたい。

これからしばらくの間このテーマでブログることにした。
行けるところまで行ってみよう。
49歳の新たな出発点として。

|

« 役立つ | トップページ | セドナ演技 »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セドナメソッド俳優:

« 役立つ | トップページ | セドナ演技 »