« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

パワースポット

Sedona

セドナメソッドの繰り返しで毎日が軽〜い僕ですが
噂のこくもん風水に則りまして
昨日からお部屋交換引越しを息子と致しました。
北は僕、西は息子の吉方位ということで。

新築マンションも早3年半が経っていて
また粗大か燃えるんだか燃えないんだかゴミを十袋ばかし出して
本棚やタンスを運び、ぷるぷると大汗をかいた後は
新たな配置の新たな部屋でなんだか初々しい感じで落ち着きました。

息子にも僕が父から譲り受けた一畳机を早々と受け継がせて…
いいのいいの、頑張って勉強してね。

見慣れたはずのJALカレンダーも新たな配置で眺めて見れば
7月はアリゾナ洲セドナをアメリカ屈指のパワースポットと紹介してるし?!

あらまっ、セドナメソッドってこんなところのメソッドなの?!
マイデスクの真正面となったカレンダーのレッドロックヒルからは
ネイティブ・アメリカンのパワーが!!!!

暑さって、無気力と似ていました、手放せましたね。
もう、暑かろうが何だろうが、僕を阻むことは出来ないよ。
パワーの湧き出る源を見つけちゃったからね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

現場でセドメド

シンプルであるが故に速攻で
気持ちをすっかり入れ替えられるセドナメソッド。

撮影現場で俳優のテンパリさんに使って頂きました!

テンパリさん、有名芸能人の前では見事に気後れしますし
台詞がスゲー多かったり、現場で書き変わっちゃったり、追加だったり
複雑な動きを覚えないといけなかったり、挑戦的長回しだったり
すごく寒かったりマジ暑かったり、眠いキツイの事情も言えやしないんだけど
イライラされたり、ピリピリしてたり、喧嘩売ってんの?だったり
ずっとずっと待たされたり、来てすぐに本番だったり と

まぁ、スタッフさんみんな寝てないしね、大変なとこだよね。
パニック障害になっちゃう人もいるんだから。

テンパリさんは現場の雰囲気を察して気を使うやさタイプですから
水揚げされた魚みたいにジタジタバタバタしながら〜
ムズカシイ本番の5秒前を迎えます。

ウマくできるカナ…自分はどう見えてるんだろ…ゴクッ

「この感情をいつ、手放しますか?」

  …今

今ここで という感覚とともに始まってしまう本番。
でもそこにあるのはその前のつながりとそこでのアクション。
ほかには何も無い。


作り物であることを承知で観ている視聴者にとって
俳優がその中にいなければ、それは何の価値もない。

そこで感情を感じていなければ俳優は死ぬ。
感じることからリアリティを生む。
どう感じたかだけが、どんなリアリティを生み出せるかを決めている。

感じていた受容体を敏感なむき出しのままクリアにすることが出来れば
その瞬間、作り物ではあるが純粋で本質的な状況が流れ込んでくる。
ノーガード。解釈も制御も既に無い。
直感だけ。
感覚体が震える。感情が、反応する。

そして本番は終わる。

そしてこれは何度でも繰り返すことが出来る。

いま生まれた感情もすぐに手放してしまう。

すぐにやって来るカットと出逢うために。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »