« 取りあえず、近況 | トップページ | 一段落ついたなら »

2011年5月27日 (金)

変わりゆくもの

2年前に撮影に参加し、その完成後、上映の機会を待っていた愛すべき映画

「つるしびな」が5月6日に震災復興チャリティーイベントで上映された。

後から来た仕事とWブッキングしてしまった僕は何の応援もせず

中野の会場に駆けつけた時には盛況なるイベントも終わった後だった。

これはその時もショックであったが、いまだにその痕をひいている。

何故、このイベントを何よりも優先させなかったのか!!


基本、役者は貢献、奉仕 献身によってしか存在できない。

身も心もスケジュールもただ捧げ、役を待ち、作品の為に貢献する。

その報酬は何か? 見返りに何を期待しているのか。

いい年齢になり、他の人生を歩むことももうないだろうと思うようになって

今さらながら、いまだに待ち続けながら、はて?

自分は何を期待しているのかと考えてしまう。


上映会のようなイベントで受け取れたはずの手応えも受け取らず

この先僕はまだ役を待ち続けられるのだろうか。

と、いうのが、ショックの内実だったのかな。

しかし、まぁしかたない。

「つるしびな」はまだまだこれからいろんな手応えを得られる楽しみな作品だ。


話は飛躍するが

役者をバカバカしいと思いながらも、やっていられるひとには皆

自分は愛されているという確信がある。まず理由なき確信がある。

つまり役者を続けていくのは何故自分は愛されるのかの理由を知る試みなのだ。

自分大好き人間の自分探しー とバカにしてもらっていい。

それは幸せな人生だ。


ただ、問題になってくるのは愛するものも何もかも常に変わりゆくということだろう。

受け入れられなければ苦しい。

役者は変わらない自分自身の周りにやって来る、変わりゆくものを

ひとつひとつ残らず受け入れていく。それ以外 生き残れる道はない。


ふぅ、やっと題名にたどり着いた。

|

« 取りあえず、近況 | トップページ | 一段落ついたなら »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

『待つ』『受け入れる』『生き残る』という
言葉が目立ちますね。
全部いわば、自分ではコントロールできない事
にストレスを感じていらっしゃるようで…。
それが多分、今のあなたのビリーフ(信念)なんですね。

人から評価されたい、認められたい、というのは、
表現者なら誰しもが持っている本能です。
でも、最終的にそこから自由にならないかぎり、
表現の枠は越えられないのだと思います。

大丈夫ですよ。
みゅうさんなら、何をやっても、愛されてるんですから。
愛されてる事に負い目を感じたり、疑問をさしはさんだり
してるから、遠回りしちゃってるんじゃないですかねぇ・・・

投稿: あらいぐま | 2011年6月 5日 (日) 17時55分

あらいぐまさま〜

ありがとうございます

今は日本全体が耐えよう!キャンペーン中で

ストレスは日常的にやって来てますね

手放してもいいですよね

おかげさまで気が楽になりました

投稿: ミュウ | 2011年6月 5日 (日) 18時28分

色んな役柄の事についてのお考え何ですね。個性がそれぞれあっていいじゃありませんか? 今日ですからついでに牟田さんは女優さんと声優さんでご活躍の重田千穂子さんタレントの釈由美子さんと同じお誕生日ですね。 私はあと5ヶ月になったら43歳です。

投稿: 宮本九里子 | 2011年6月12日 (日) 16時17分

宮本九里子さま〜
いつもありがとうございます
去年もお祝いコメント頂きましたね

6月12日は松井秀喜とか映画監督の山崎貴とかもそうですね。
シンパシーを感じます

毎年のことですが正月と誕生日は気持ちを新たにしてます
取りあえず、走ります

投稿: ミュウ | 2011年6月13日 (月) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わりゆくもの:

« 取りあえず、近況 | トップページ | 一段落ついたなら »