« テレビりょく | トップページ | 願いをひとつ »

2011年8月31日 (水)

目覚め

Maruen

楽しかった大学生活。
「こんなことがあった」シリーズを考えていると
大学でのいろんな出来事が思い出されて楽しくなる。

教育学部教員養成課程だったから
地元の小学校の先生になるものと誰もが思っていた。

その頃は採用状況も百%だったから
先生ではなく、役者になるという選択は

ただ自惚れていたのだろうし
社会を甘く楽観していたのだろうとも言える。

だだ、大学の演劇部で僕はやっと自分自身と出会った。
遅ればせながら、ここで僕はやっと目覚めたのであった。

文化祭の出し物だったと思う。
イントレ(鉄パイプ)とブルーシートで芝居小屋を作り
いくつかの寸劇を上演していた。

僕はチャオリンという中国人のオバサンのストリッパーだった。
むちゃくちゃな中国語をしゃべって観客にからみ
着てた着物を脱いでいくという即興パフォーマンス。

ただのコンパ芸のような出し物だったが
演じ始めた瞬間、狐が憑いてしまった。
もの凄いエネルギーがやって来てその場でドラマを作った。
僕はでたらめな中国語で怒り、笑い、泣いた。
意図したものは意識的な作為は何もなかった。
流れの中で僕はチャオリンの身上に怒り、笑い、泣いていた。
すべての着物を脱ぐという瞬間、暗転し舞台に着物だけが残り終わる。
役者には伝えるべき話があり、それを演出している自分も同時にあった。

観客にもそれは伝わった。
見ていて興奮したと僕のチャオリンはしばらく語り草になった。

自分ではないチャオリンが自分を開放した。
演劇ではこれを飛翔或いはインスピレーションと呼び、
充分な稽古という滑走があって初めて
飛ぶことも出来ると考える。

スタニスラフスキーシステムもこのインスピレーションを
どうしたら毎回の公演で得ることが出来るのか
という命題に答えようとしたものだ。

僕の中にすごいキツネがいる。
それは僕にとって、かなり大きな体験だった。

|

« テレビりょく | トップページ | 願いをひとつ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。さっき偶然に昔のカセットテープを見つけて、貴殿の事を思い出し、役者頑張ってるかなと思い、ヤフーで検索しました。
名前がヒットしたので感激して、Wikipedia見たりしてすごく活躍していらっしゃるようで嬉しく思いました。
ブログでマル演の事が出てきて、こちらも懐かしく思い出しました。
妻が「相棒」のファンでドラマを全部録画しており、貴殿が出演された回を観ようと思います。他にも有名な作品にたくさん出演されてるようでスカパーで観ようと思います。
今晩のご活躍を祈念しております。

投稿: マサ | 2011年9月 3日 (土) 23時42分

まっ、マ、マサさ〜ん
お久しぶりですっ

それはレジメンタルストライプのテープでしょうか

今はどちらにお住まいでしょう?

こちらではタァシが年に何回か研修で上京してくるので
それに合わせ、カズ、リエコ、エイちゃん、アユコで
池袋コンパしたりしました。
久しぶりにマサさんに会いたいですね。

こういう再会があるんですね。
偶然は必然なのかもしれません。
マル演の何かが今のマサさんに必要なのかも。
僕でよければ何でも、しますよ

投稿: コウ | 2011年9月 4日 (日) 15時39分

キツネはきっと、マジカルチャイルド。
マジカルがご機嫌だと、一気にハイヤーセルフにつなげてくれるそうです。
でもそのためには、自分の中にながらく放置されていたインナーチャイルド
のケアをしなければなりません。
多分チャオリンは、キツネに乗せられてひょっくり顔を出したインナーさんなのだと思います。
感情豊かなインナーの様子がうかがえます。
人前で初めて解放されたインナーが歓喜し、
同時にそれが天職だと決めたのでしょう。
そんな偉大なるインナーの願いを、受け入れてあげて下さい。

まずは、背筋伸ばして肩が開けば、ハートも開きます。
そして呼吸が何より大事。
俳優さんの稽古はそのまま、自分の中のチャイルドを統合し
目覚めさせて行く手法とリンクしてますね。
迷いの時期こそ、淡々と地道な稽古が必要ではないでしょうか。

投稿: 弁天 | 2011年9月 5日 (月) 19時43分

弁天さま!
いつもいつもありがとうございます!

今回はまたさらにハイアーなコメントありがとうございます
インナーちゃんもよろこんでます。

どうか今後とも宜しくお願いします

投稿: ミュウ | 2011年9月 6日 (火) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目覚め:

« テレビりょく | トップページ | 願いをひとつ »