« 山登り | トップページ | 多幸症 »

2011年10月 6日 (木)

フォーカスフレーム

前の集中筋からの続き。

なんでオーディション受かんないんだ!
という問いかけよりも
今回のオーディションは何故、受かったのか
を振り返る方が実りがある。

やはりヘマをしなかったからかな。
オーディションは基本減点方式。
牟田さんはお医者さんに見えますねとかと言われ
ポイントゲットしたつもりで
調子に乗ってつまらないことを喋ってれば
減点されて、さようならだ。
医者に見えて当然、芝居も出来て当然。

低価格のポーラルホワイトニングをしていた。
歯も黄色いと減点だ。

審査の時に心を静寂モードにした。
ソフトバンククリエイティブから出ている引き寄せ本
「願いを叶える7つの呪文」の
フォーカスフレーズで
意識を呼吸等に焦点を合わせていくことで
心のざわめきを忘れることが出来る。ざわめきは色んなことを邪魔するだけだから。

フォーカスフレーズの一番目
私は喜びあふれる内面に焦点を当てることを選択します。
と喜びをまず見つける。

喜びの感情というのはとても扱い易いエネルギーだ。
状況によっては見つけにくいこともある。
イライラや怒りの方が見つけやすい。
自分自身というのはエネルギーのことではないかと思っている。
優しいやつというのは喜びの感情に日常的に焦点を合わせられるやつではないかと思う。

そして演技。
これは方向性だ。ゴルフのアプローチみたいに最低限方向がピンの方を向いてればいい。
インスピレーションが来てホールインワンしてしまったと思うこともあるかも知れないけど、あくまでも大事なのはピンだ。僕らではない。
だから例え落ちたって気に病むことはないのだ。

|

« 山登り | トップページ | 多幸症 »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

私も自分の仕事においては、状況にもて遊ばされてるな…とおもう時と、状況をコントロールできてるな…とかんじる時に分かれます。
いい仕事が出来るのはもちろん後者で、そういう時はギャラだの評価だの全然気にならなくて、ただもうこれは自分の仕事だという確信があるのみです。
でも、両者の違いを作り出しているのはほんのささやかな違いで、私のエネルギーが乱れれば、すぐに状況という波に呑まれてしまいます。

多分、オーディションに受かる落ちるという状況も、波の中に浮いてる葉っぱの浮き沈みと同じ事なんじゃないでしょうか。
どうして落ちたのか、どうして受かったのか、それはあまり重要ではないですよね。
大切なのは、自分という「エネルギー」をうまく使えているかどうかなんだと思います。
呼吸法やアファーメションをやるのも、エネルギーの通り道を整備するためだし、乱れたエネルギーがあれば解放したり、統合したりして、自分の中で今集中すべき方向にもっていく。
そうして自分にとってベストなエネルギーの使い方が出来た時、人間は他のもののために貢献できて、なおかつ一番の幸福を感じるように出来てる。
おまけに、追っかけでギャラや評価がついてきたりもする。
だから一人ひとりの「エネルギー」の使い方って、手段ではあるけど、目的でもあるんだよなって思います。
「エネルギー」を制するものは、人生を制するって言っていいくらい。

私の場合、エネルギーが溢れてくると喜び通り越して使命感まで舞い上がっててしまい、すごいテンションで「これはこうあるべき!」ってばく進してしまうところがあります。
これもまたロスの多いエネルギーの使い方なので、今は「周囲」に委ねて待ち、自分の出番が来た時無駄なく動けるよう調整している最中です。
ほんと、エネルギーの調節って面倒だけど、面白い
ぜひまたこのテーマで、お話しきかせて下さ〜い

投稿: 弁天 | 2011年10月13日 (木) 12時12分

弁天様

ありがとうございます。

来ましたね、エネルギー

すべておしゃる通りです。

エネルギーこそがそのまま目的である。

その気付き、インスピレーションは来ているんですが
ほんとにそうなのかな、結果出さなきゃ何にもならないでしょって
迷いは必ず状況として迫ってきますよね。

目に見えない物を信じられる当たり前の力を無くすことも時にはあるけれど

と僕なんかは口ずさんでしまいますが
すいません、古内東子さんの歌でした。

目に見えないエネルギーを形あるものにしていく。
その数をひとつひとつ増やしていく。
受からなかったオーディションというのは形にならなかったわけですが
その道をひたすら歩いて行く他無いということですか。


投稿: ミュウ | 2011年10月15日 (土) 22時40分

結果は出ます。
しかしそれは、かならずしもオーディションに受かるといった
範疇の事ではないかもしれませんね。
顕在意識で意図した事よりも
もっともっと宇宙的調和のある素晴らしい結果が、もたらされると思います。
だからやり続けて下さい。
心の調和を、外側にある状況任せにしないで下さい。
エネルギーを自分のものにして下さい。

そして、そこによくわからない結果がまぎれこんできたら、
これは自分の望んだことではないとすぐに否定せずに、
いちおう受け止めてみて下さい。
今は点でも、後でつなげてみたら線になって、ちゃんとしたカタチ
になってる事が多々あります。
だから面白いんですよね。

方向性を見つけたエネルギーは間違いません。
かならず、意味のある結果をもたらしてくれます。
もしかしてオーディションって、ミュウ様にとっては自分を知るための
最高の手段なんじゃないんですかね〜?
では、また(*゚▽゚)ノ

投稿: 弁天 | 2011年10月16日 (日) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーカスフレーム:

« 山登り | トップページ | 多幸症 »