« 公演案内 | トップページ | 2013年もどうか »

2012年12月10日 (月)

自分を救え!

先月、「大和魂2」が終わった。中国のテロの方に断っておくが、大和魂というのは大和優雅さんの魂ということであって、他意は無い。誤解をなさらないようにね。

今回ケンという役で参加させてもらった。
役者というのは企画者や作家の思いや世界観を実現する為に必要とされる技術職であって翻訳者みたいなモノだとは思うが、創りだす作品というのは関わった誰にとっても子供のようなもので、愛さずにはいられない。
終わって寂しく感じているのは僕だけではないだろう。
今回皆が、大和監督と呼び、その世界観を崇高なものと尊重し優先した。
岸田秀的に言えば、その私的な幻想は多くの関係者の愛を受け育まれ一つの明確な共同幻想へと共有される道を歩み始めている、と思う。
今回の「ロケット」はパンフレットからも判るように、大和優雅氏が自分を救おうとして書いた作品である。しかしこの作品によって彼自身が救われる時、これを自分の話として受け止めた観客も同時に救われるのである。
では自分はどう生きているのか
その問いの答えをを大きなスケールで受け取ることが出来るからだ。
役者として生きていくということは他人の私的幻想を渡り歩いて生きていくことだ。時に自分自身の私的幻想が逆風となることもあるだろうし、追い風となることもある。
自分を救え!という声は常に僕の中でも鳴っている。
え、さっき救ったじゃん、と言っても駄々っ子のようにおさまりはしない。
役者として生きていくという事自体が駄々っ子を甘やかし続ける生き方だからかも知れない。
だが、他にしたいこともない。
春を待つヘビのように、寂しさに耐えるしかないのである。

|

« 公演案内 | トップページ | 2013年もどうか »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、しばらくです。ロケと舞台他もお疲れさまです。役者さまはやはりそれぞれ個性によって演じ方ってありますでしょうかね?今年最後のTVOAはあと1回はあるかわかりかねますが、また来年もコメント投稿をどうぞ宜しくお願いいたします。ではよいお年をお迎え下さい…

投稿: 宮本九里子 | 2012年12月27日 (木) 14時59分

宮本九里子さま〜
あらま、今年も終わりですね、いろいろほんとありがとうございました。
どうーか、来年も宜しくお願い致します
あ、再現Vはないかな〜、すみません、CMとかで…
来年も頑張ります

投稿: ミュウ | 2012年12月27日 (木) 18時30分

今年は仕事で霞が関に行くこともなかったし、東京旅行もしなかったけど、約30年弱振りにコウちゃんと話すことができたし、来年こそは仕事か私用で東京へ行く機会を作って都合が良ければ是非お会いしたいものです。
P.S. ナースのお仕事 医師役、しっかり台詞もあって大変良かったです 神山繁さんや吉行和子さんら名優の方々と共演されている姿を見て、妻と共に大変感動しました。
来年もお身体をご自愛され、更なるご活躍をなされよう祈念しております。
良いお年をお迎えください。

投稿: マサ | 2012年12月31日 (月) 14時44分

マサさん
ありがとうございます!
年が明けてしまいまして、すみません、おめでとうございます!
今年もどうぞ、宜しくお願い致します
今年の目標にします、ドラマに沢山出て、マサさんと飲む!
それ、ほんといいですね、頑張ります

投稿: コウ | 2013年1月 1日 (火) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を救え!:

« 公演案内 | トップページ | 2013年もどうか »