« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

俳優は馬に乗れ

Danon2Danon1_3

かの黒澤明監督のところへ、使って下さいとある俳優が行ったところ
「君は馬に乗れるかい?俳優は馬に乗れなきゃダメなんだ」
と言われたそうな。
と言う訳で僕も乗馬を始めた。
やってみて、俳優というのは馬なんだとわかった。
YouTubeでプロ騎手を乗せたとたんバック転をして
騎手を振り落とす馬の動画を観ることができるが
馬を思い通りに走らせるのは車を思い通りに走らせるのより難しい。
それは馬が、こんな台詞かよ、こんなギャラでよ、こんな役ってさ
でもだいたいさ、と考えたり気にしたりするからだ。
名優と称賛される役者がいるように美しく走る名馬は存在する。
乗り手に蹴っ飛ばされ、鞭を入れられ全速力でいつまでも走らされても
それで?次はどこへ?と佇む馬は頼もしく美しい。
称賛し金を注ぐ愛すべき馬はそんな馬だ。
人馬一体と乗り手が一方的に幻想を抱くように
逆に俳優も好きなように演じられたらと思う。
しかし各々の私的幻想が重なることはない。
馬が走る事以外何も考えておらず
乗り手の幻想にそのまま従いつつ全速力で走ってくれなくてはならない。
しかし、自分を乗せて走ってくれる馬のなんと愛しいことか。
あぁ乗りたくてたまんねぇ
そんな馬にわたしはなりたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »