« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年6月

2014年6月12日 (木)

立原正秋

Kimono

「牟田さん、立原正秋の朗読やりませんか?」とある人が言った。その人は僕と初めて逢った後、たまたまテレビ番組で熊澤南水独り語りと言うのを視ていた時に「牟田さんが立原正秋を着物着て朗読するのがひらめいちゃったんです」と言う。
その人はそれからも朗読をやったら良さそうな古い商店街のおしゃれなカフェを見つけましたとか、45分じゃないと駄目だって南水さんは言ってましたとか、ちあきなおみの冬隣観ておいて下さいとか、逢う度に僕を導いていく。

それではと僕はアマゾンで古本を十数冊取り寄せ、その中から読むと一時間程の短編を45分に削り、来る朗読会に備えた。

立原正秋は40歳頃文壇に登場し54歳で亡くなっているので、その全作品もやがて読み終えてしまうが朗読という形でこれから先ずっと関わっていきたいと思う。

黄金ラヂオと言ってまたキトクな方がネット配信の場を提供してくれたので僕の一番好きな立原正秋の短編「春の死」45分版を10分割して朗読することにした。その後も「薪能」等の短編や著名な長編も朗読し続けていこうと思う。

乗馬の基本は馬に精神的に負けないことだと言うが朗読も作家の精神を再現出来るかということなのだろう。日本が滅亡することを願いながらも日本の美しさに振り上げた手を止める、そんな立原正秋の精神性を捉えることが出来るのか。

そしてそのひらめきの立原正秋朗読会の日を迎えることが出来るのか。

まだまだこれからだ、53才の僕。

P.S リンクついでにこころポートレートから
牟田父親CM」で検索して来て頂いた方に

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

現場に馬を連れてって

Uma61

前のブログに「人馬一体は幻想である」と否定的に書いたが、それがどうにも気になり、やはり前向きに「人馬一体は夢である」と考えようと思うようになった。
これは「自分の才能を発揮した人生をおくりたい」とか「悟りたい」とかと同じことだ。

馬が何を考えているのかはわからない。ただ、きっと馬はこう考えていると思っている自分がいるだけだ。馬の持つエネルギーを乗り手が自由にコントロールしようとする時、馬とは自分のエネルギーであり、自分の潜在能力と同じものだ。つまり、馬を見ているようで、自分自身を見ているのだ。思うがままにならない馬は思う通りにならない自分の人生であったりする。乗馬なんて出来たって俳優の仕事には繋がらないよと思うのも、俺は俳優でやっていけないよと思ってるみたいなもんなのだ。

乗馬のブログや記事を読んでいると、競技会や跳躍等の時に一体感を感じた、恍惚感がやって来た、ライダーズ・ハイ状態になったという話に出会うし乗馬それ自体がそれを求めての行為なのではないかとも思う。

俳優は撮影現場に我が身ひとつを持って行けばいいのだが、本番の時には演じる人物をコントロールしてみせなくてはならない。人馬一体というより、馬人一体というか変なことを気にしたり緊張したりして馬が走るのを邪魔してしまえばNGだ。
勿論、馬が暴れても、走らなくてもNGなんだけど。
目の前の馬と付き合って前に進む道を探るほか無いのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »