« 現場に馬を連れてって | トップページ | 劇団milquetoast+lab.4 ゲキミックス in新中野ワニズホール  »

2014年6月12日 (木)

立原正秋

Kimono

「牟田さん、立原正秋の朗読やりませんか?」とある人が言った。その人は僕と初めて逢った後、たまたまテレビ番組で熊澤南水独り語りと言うのを視ていた時に「牟田さんが立原正秋を着物着て朗読するのがひらめいちゃったんです」と言う。
その人はそれからも朗読をやったら良さそうな古い商店街のおしゃれなカフェを見つけましたとか、45分じゃないと駄目だって南水さんは言ってましたとか、ちあきなおみの冬隣観ておいて下さいとか、逢う度に僕を導いていく。

それではと僕はアマゾンで古本を十数冊取り寄せ、その中から読むと一時間程の短編を45分に削り、来る朗読会に備えた。

立原正秋は40歳頃文壇に登場し54歳で亡くなっているので、その全作品もやがて読み終えてしまうが朗読という形でこれから先ずっと関わっていきたいと思う。

黄金ラヂオと言ってまたキトクな方がネット配信の場を提供してくれたので僕の一番好きな立原正秋の短編「春の死」45分版を10分割して朗読することにした。その後も「薪能」等の短編や著名な長編も朗読し続けていこうと思う。

乗馬の基本は馬に精神的に負けないことだと言うが朗読も作家の精神を再現出来るかということなのだろう。日本が滅亡することを願いながらも日本の美しさに振り上げた手を止める、そんな立原正秋の精神性を捉えることが出来るのか。

そしてそのひらめきの立原正秋朗読会の日を迎えることが出来るのか。

まだまだこれからだ、53才の僕。

P.S リンクついでにこころポートレートから
牟田父親CM」で検索して来て頂いた方に

|

« 現場に馬を連れてって | トップページ | 劇団milquetoast+lab.4 ゲキミックス in新中野ワニズホール  »

俳優力」カテゴリの記事

コメント

コウちゃん、お誕生日おめでとう。ちょっと遅れましたが・・・。お互いに歳とりましたな〜。ところで、黒テントの斎藤さんお亡くなりになりましたね
ロンドのカウンターで一緒に飲んだときに、「演出とかやらないんですか?」という私の愚問にもやさしい笑顔で真摯な対応で「僕は役者だから。」と・・・。方向性が見つかるまでは色々とやってみるのもいいかもしれないというようなお言葉を頂いたことを懐かしく思います。

投稿: マサ | 2014年6月30日 (月) 19時56分

マサさん、ありがとうございます
僕も森田監督の「おいしい結婚」の打ち上げで斉藤さんに「昔、佐賀でテントの設営でご一緒させて頂きました…」と挨拶したことがあります。そしたら、斉藤さん、そうかぁ、ありがとう、でも役者なんてやめてさ帰った方ががいいよ、大変だよと真顔でおっしゃって、僕ははぁ〜と返事して、それっきりだったので、またどこかでお会いして、僕、まだやってるんですよと、話したかったんですが、叶わずじまいとなってしまいました。本当に残念です。

投稿: ミュウ | 2014年7月 3日 (木) 22時05分

暑中お見舞い申し上げます。
最近、今までのハンドルネーム書くと堅苦しく自分でも
感じますので、今日から宮本九里子から「宮本くりこ」に
2回も改めてわかりづらくさせて大変申し訳ありません。
お誕生日のお祝いも1ヶ月以上遅れてかえってすいません!!
53歳にしては、まだお若く見えますね。
私は11月3日で藤本 至さんと同年代で46歳になります。
いい1年でお互いに歳を重ねていきましょう。
今後からは『宮本くりこ」として希楽星役者さんの皆さんには
投稿させて下さいますよう宜しくお願いいたします。
では また(´・ω・`)ショボーン

投稿: (九里子改め)宮本くりこ | 2014年7月23日 (水) 22時53分

宮本くりこさま〜
ありがとうございます!
ほんと、希楽星役者を長い間温かく見守って頂き
感謝しております。
若い人達も入りましたよ、来週あたりHPをチェック
してみてくださいな。
どうぞ宜しくお願いします

投稿: ミュウ | 2014年7月24日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立原正秋:

« 現場に馬を連れてって | トップページ | 劇団milquetoast+lab.4 ゲキミックス in新中野ワニズホール  »