« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年7月

2018年7月22日 (日)

オーディションセブンG

俺たちはオーディションに受かりさえすればやっていける。生きていける。
たとえ、昨日現場でNGを連発してしまおうとも
最低の下手くそ俳優だと罵倒されようとも
終わりではない。
今日、このオーディションに受かれるなら、来週に仕事がある。

人生が自分しだいで変わっていくように
オーディションもそれを受ける俳優の心持ちで違った結果が出るはず。
受かる時決まる時と、落ちる時外れる時。
自分の心持ちの中に違いは無かったか。
つまり、受かったオーディションから学ぶことは多い。
オーディションに全く受からない自分がいて
一方で
オーディションに毎回全部受かる自分がいるとする。
まあ、リアルには、オーディションに一割位は残ったり決まったりする自分と
受けた8割を決める憧れのグレイトな自分がいるとする。
その違いは何だろう。どうすればそこに行けるのか。
演技力?
理解力?
情熱?
輝き?
自信?
オープンハート?
運動能力?
度胸?
オーディションが俳優人生の恐怖から救ってくれるものだとすれば
落ちる恐怖なんてものもない。
オーディションは恐怖の反対のもの。
すなわち、オーディションは愛だ。
まずそれを受かったものとして始めていい。
自信満々で
傷つきやすい
って愛?
心開いてほんとの自分を表現する。
論理的には演技力理解力情熱輝き自信
オープンハート度運動能力度胸等などが
ほぼ完璧になってないとグレイトではないのだけど
そんな気になって飛び越えて俺はスゲーと勘違いすることは
俳優なら朝飯前だ。
だから

8割行ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

こころポートレートマイ・ベスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »